和室をよりオシャレな空間に演出したい!?北欧風の障子紙に関するよくある疑問を解決

北欧風の障子紙は、明るい色や柄が特徴です。白やベージュなどのシンプルな色合いのものが多く北欧らしいナチュラルな雰囲気を演出することができ、花柄やドット柄などの柄物も人気があります。和室の障子紙を張り替える場合は、障子のサイズに合わせてカットした新しい紙を張り替えるだけです。障子の上にレースやブラインドをかける場合は、外側にレースやブラインドを置きます。障子紙の上にカーテンをかける場合は、障子紙の外側にカーテンレールを取り付けカーテンを設置します。

北欧風の障子紙の種類ごとの特徴①:普通紙(パルプ障子紙)

北欧インテリアでまとめたいリビングルーム、リビングの隣には和室があって和風と北欧を両立させるときに役立つ存在になってくれるのが障子紙です。障子を貼り替えることで部屋の雰囲気が変わる、このような理由からインテリアに合うのを選ぶことでオシャレ空間を演出することができます。障子紙にはいろいろな種類がありますが普通紙は最もシンプルな白色無地のもの、機械すき和紙などの特徴を持ちます。一般的な量産品ですからリーズナブルな値段が魅力ですが、植物繊維のパルプが80%以上配合されているなどの理由から強度は低めで破れやすい弱点があります。紫外線にあまり強くないので日当たりがあまり良くない場所で使えば問題はないのですが、南向きなど日当たりが良い環境で使用すると黄ばみが生じることもあるため使用する場所により頻繁に張り替えが必要になることも少なくありません。ただ、価格が安いので好みのものに定期的に変えてイメージチェンジ、このような使い方もできます。

北欧風の障子紙の種類ごとの特徴②:強化紙や強力紙

北欧障子紙を使えばオシャレな和室にもなる、リビングに繋がっている和室の窓に取り入れることで和室の戸を開けたままでリビングから見える景色は北欧空間が広がるといった見せ方もできます。障子紙の一つに強化紙や強力紙と呼ぶ種類があるのですが、これらは普通紙と比べると強度が高いなどの特徴があります。強度を高める素材を配合しているのが特徴で、強化紙にはプラスチックやビニール、強力紙には化学繊維を配合するなど強度をアップさせているので長期間きれいな状態を維持できるメリットもあるわけです。普通紙などの場合は、物を移動させたり運んでいるときに障子戸に当ると破けてしまうこともある、小さなお子さんがいる家庭などでは子どもが投げたおもちゃがぶつかったときに破けることも少なくありません。あたり具合にもよりますが、プラスチックや化学繊維などが配合されているものは耐久性が高いので簡単に破けることが少なく張り替えの頻度が減る、コストパフォーマンスに優れた材料といっても過言ではないのです。

北欧風の障子紙の種類ごとの特徴③:プラスチック製

北欧インテリアでまとめているリビングルーム、その隣にある和室も障子紙に北欧スタイルのものを取り入れることで2つの部屋が繋がった際にオシャレな空間を演出できる、このような魅力があります。ビニールの両面に上質の和紙をラミネートしていて、丈夫で見た目が美しい障子紙をホームワーロンと呼びます。これはプラスチック製の紙で、接着剤は濃いでんぷん糊に木工用ボンドを20~40%配合したものを使うなど施工の際のポイントがありますが、アルミ製の室内建具と接着する際には糊付け用に加工処理が施されているものに関しては木工家具と同じく施工が可能です。強化紙と比べると強度が高く破れにくい、そして変色しにくいため日当たりが良い場所でも安心して利用できます。ただ、通気性については他の素材と比べると低めで、湿度の変化が激しい場合など湿気がこもりやすくなるため除湿をしっかり行うなどが大切です。なお、水拭きができるタイプもあるので、汚れたときなど水拭き掃除ができる日頃のメンテナンスも簡単ですしペットや小さなお子さんがいる家など最適です。

北欧風の障子紙の種類ごとの特徴④:高級和紙障子紙や高機能障子紙

北欧風の部屋に仕上げたいとき、和室の障子にも北欧風の障子紙を採用することで空間はよりオシャレな印象を与えてくれることでしょう。素材の中でも価格が高いといわれている高級和紙や高機能障子紙は、グレードが高いタイプです。グレードや機能などにより数千円から数万円などさまざま、施工を依頼するときには事前に予算を伝えておいてその中で提案して貰うと良いでしょう。高級和紙は、天然繊維の楮を使用していることや和紙職人が1枚ずつ丁寧に手すきで作った風合いを持つものです。楮を使い手すきで作ることから楮和紙とも呼ばれます。機械すきのものもありますが、これにはマニラ麻やレーヨンなどの化学繊維を配合していて厚手風合いを持つ混抄などもありますが、主に高級ホテルや旅館などで使用されているものなので、家にも使えば高級感を演出できる魅力もあります。ただ、施工そのものが難しいため専門の障子張り替え業者でなければできないこともあるので注意が必要です。

北欧風の障子紙に張り替えるタイミング①:部屋のイメージチェンジをしたいとき

障子の寿命は3年から5年が目安といわれていますが、北欧テイストの障子紙もあるので張り替えのタイミングになったとき和室に続くリビングの北欧インテリアに合わせてオシャレ空間を作ることをおすすめします。
障子紙にはいろいろな種類があり、グレードや機能などにより値段もさまざまです。
リーズナブルな値段の普通紙(パルプ)障子紙は、素人でも比較的簡単に張り替えが可能ですが、耐久性が高いプラスチック製になると難易度が高くなるので業者に依頼した方が安心です。
今までは和風テイストの部屋だったけれど洋風テイストの部屋にしたいなど、イメージチェンジで張り替えるケースも多いといえましょう。
手間がかかるので汚れたり穴が開いた際にやる人も多いかと思われますが、部屋のイメージチェンジをしたいときに障子紙を洋風のタイプに変えることで和の中に洋風の空間を作り出してオシャレをアピールできます。
リビングとつながっている場合などでは二つが一体になるメリットもあります。

北欧風の障子紙に張り替えるタイミング②:日焼けなどの経年劣化

近年の障子紙は無地だけでなく色々なデザインの物が出てきており、北欧風のデザインがあしらわれた製品も発売されています。
そこで、自宅に和室がある人は、今まで使っていた障子紙が日焼けしてきたなどの経年劣化が感じられた時にこういった製品を使って張り替えてみてはいかがでしょうか。
和室に障子がある場合、部屋の中で目立つ部分となるので、障子紙が白色の無地などから北欧風のオシャレなデザインに変わると室内の雰囲気が大きく変わります。
こういったプチリフォームをすることで、和室をモダンな雰囲気で使えることにもつながるため、インテリアにこだわりたい人は挑戦してみてはどうでしょうか。
障子紙は設置している場所にもよりますが、何年か使っている内に日焼けして色が変わってくるなどの経年劣化が見られるのが普通です。
そんな時には特に破れていなくても別のデザインの紙に張り替えてみると、新鮮な気分で過ごせることが期待できるので、試してみると良いでしょう。

北欧風の障子紙の施工できれいな仕上がりを希望するなら専門業者に依頼

障子紙の寿命は環境に左右されるのですが、一般的には3年から5年が寿命といわれています。
殆ど使わない部屋でも太陽の光により徐々に劣化することからも定期的な張り替えが欠かせません。
最近では北欧スタイルのインテリアに人気が集まっていますが、障子は和室に使用する建具ですがリビングと繋がる部屋などのでは障子紙も北欧スタイルのものを使えばオシャレな空間が和室まで繋がるメリットもあります。
昭和の時代の大掃除では、家中の障子戸を外して庭先で張り替えするといった光景を目にすることが多かったけれども、最近の住宅は和室の割合が少ないので、このような光景もあまり目にすることはありません。
自分でも貼り替えはできるけれども、素材の種類などにより施工難易度が高くなるのできれいに仕上げたい人やあまり自信がない人などは専門業者に相談すると良いでしょう。
また、材料を販売しているホームセンターでも施工依頼ができるお店もあるので相談がおすすめです。

ホームセンターに頼んでも北欧風の障子紙の張り替えは可能

部屋の雰囲気を変えたいと感じている方がいると思われます。
そんな方は障子紙をお洒落なデザインのものに張り替えることをおすすめします。
北欧風のデザインにするだけで、お洒落な雰囲気に変わるので張り替えてみるメリットは大きいです。
張替えは自分でも行うことができますが、業者に依頼するのが望ましいです。
素人が行おうとすると綺麗にできないので、汚い見た目の仕上がりになってしまいます。
障子紙の張替えはホームセンターでも依頼することが可能です。
他にも専門店や工務店などの選択肢もありますが、普段から利用しているホームセンターでも問題ありません。
ただ、どこに依頼してもいいわけではなく、事前に調べてから決めることが重要です。
技術力などに問題があるクオリティの低いところを選んでしまえば、せっかく北欧風の障子紙なのにお洒落な雰囲気にならないことが考えられます。
費用の安さだけで決めてしまうと、後悔することになる可能性が高いです。

北欧風パルプ障子紙のメリットやデメリット

北欧風のパルプ障子紙は、明るい色を選定することが多くて見た人に良いイメージを与えることが多いです。
実際に、光を通しやすい素材で作られていることが多いので、開放的なイメージを与えることが可能です。
また、北欧風の障子紙は木目や自然豊かなデザインを利用していることも多いのでナチュラルな雰囲気を作りたいときにはうってつけです。
リーズナブルな価格で入手することができるものなので、汎用性が高くて使いやすいというのも大きなメリットの1つといえます。
ただ、耐久性が劣るという側面もあります。
そもそも、一般的な障子紙と異なった材質で利用されていることも珍しくないので、長時間で使い続けると劣化が激しくなってメンテナンスをしなくてはいけなくなります。
さらに、開放的なイメージなものなので空間によっては明るすぎる印象になってしまう可能性も存在します。
特に、光が強くなりすぎると汚れが目立ちやすくなるのでその点は注意が必要です。

北欧風障子紙の通販サイトに関する情報サイト
北欧風の障子紙の特徴

このサイトでは、北欧風の障子紙を活用することでよりオシャレな空間に演出することについて紹介します。 和室は、伝統的な日本建築の特徴である間仕切りや床の間など独特の雰囲気を持つ空間で心が落ち着くのですが、近年ではよりモダンな空間に演出したいというニーズが高まってきています。この様式の障子は明るい色合いやシンプルなデザインが特徴ですので、和落ち着いた雰囲気を損なうことなくモダンな印象を与えることができます。

Search